デザイン+αコラム
Yahoo!リスティング広告の12月1日からの規制
2010/12/24

Yahoo!リスティング広告で、12月1日から規制が強まっているのを
ご存知でしょうか?

------------------------------------------------------------

1. 新掲載ガイドライン適用開始日
 2010年12月1日(水)
 *既に承認済みの掲載内容についても同日より適用されます。

2. 対象サービス
 ・スポンサードサーチ
 ・スポンサードサーチ モバイル
 ・インタレストマッチ

3. 変更となる掲載ガイドライン
 「掲載に関するポリシー」に変更/追加があります。

 <項目の変更>
 (変更前)アフィリエイトによる提携先のブランド名などへの入札
 (変更後)アフィリエイトサイト
 
 <追加される内容>
 ■「掲載できない商品/サービス」に下記項目を追加
  非科学的で人心を惑わす恐れのある占いサイト

 ■「アフィリエイトサイト」に下記内容を追加
  以下のアフィリエイトサイトは掲載不可とします。
  ・根拠のない情報に基づくランキングを掲載しているサイト

-------------------------------------------------------------

主に、PPCを使ってアフィリエイトをしている方向け、占いサイト
を運営されている方向けの規制ですね。
自社でアフィリエイトサイトを運用されている方、比較サイト
を運用されている方、占いサイトを運営されている方はすぐに
対策をとらないと、広告停止になることもあります!

下記内容もご確認ください。

--------------------------------------------------------------
(Yahoo!リスティング広告からのメール文抜粋)

条件につきまして、優劣のついていない比較サイトであれば問題ありません。
今回のガイドライン変更は、アフィリエイトサイトのランキングを掲載してい
るサイトのみが対象となります。

アフィリエイトのランキングを掲載しているサイトは、以下の根拠および調査
データを記載する必要がございます。

(1) 調査機関を明記した第三者機関による直近の資料調査に基づくデータなど、客観的な根拠を記載してあること
(2) 自社調べとして使用する場合は、調査資料名を記載してあること
(3) 調査データは直近1年以内のものを利用してあること

また、自社調べとして使用する場合は、調査概要として下記のような情報を
記載する必要があります。

・ 調査企画・設計者
・ 調査目的
・ 調査方法
・ 母集団
・ 調査対象地域
・ 調査対象者
・ 有効回答数
・ 調査実施時期

-------------------------------------------------------------

 上記のような根拠を示すことはアフィリエイトサイトではなくとも
 難しいと思います。

 12月以降、Yahoo!リスティング広告のアカウントを停止されたという
 声をちらほら聞きます。

 広告停止ではありません。アカウント停止です。

 
 今後もこういった情報には敏感になって、各サイトの運用をしていかなければなりませんね。


2010/12/24
高見

前の記事
Movable Type と WordPress を比較
次の記事
Google 検索エンジン最適化 ( SEO ) スターターガイド