デザイン+αコラム
LPO(ランディングページの最適化)
2009/02/27


以前は、セミナーの受講生さんや派遣先の企業様から
SEO、SEMについての相談や質問を受けることが多かったのですが、

最近はLPOの相談やを受けることが多くなってきました。

派遣の業務内容でも
リスティング広告からのランディングページの制作希望が
増えつつあります。


とはいえ、まだ
ランディングページの最適化(LPO)と言われても、
しっくりこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。


ということで再度確認。↓

ランディングページの最適化とは(ウィキペディアより)

----------------------------------------------------------
検索エンジン、広告などを経由してやってきたユーザが
最初に見るウェブページをランディングページと呼ぶ。

アクセスしたページから
ユーザが目的のページを探す場合、

メニューやサイト内検索機能などが充実していない場合、
ユーザは目的のページを探し出すことを諦めて他のサイトへと
遷移してしまう行動が多く見られる。

そのため、他のサイトへと遷移させないように、
ランディングページから目的のページへと簡単に
遷移出来るように最適化することを言う。

----------------------------------------------------------


ランディングページでも特に大切だと思うことは、
ファーストビュー(ページが表示されたときに最初に見えるページ)です。

ファーストビューで欲しい情報・商品がありそうか、なさそうかは
直感的にユーザーは判断するといってもいいと思います。

私自身もそうです。


ユーザーがイメージするページに
いかに近づけることができるか、ギャップをなくせるかが肝ですね。


ネットは費用対効果が明確だからこそ、
ランディングページが大切ですし、
力を入れ始めている企業様が多くなってきました。


WEB業界で働くなら、
ランディングページって何?といっている場合ではないですね。


ぜひ、ランディングページ覚えておきましょう!

2009/02/27 大池