デザイン+αコラム
Movable Type と WordPress を比較
2010/12/11

3年ほど前までは、比較的導入しやすいCMSとして Movable Type が人気でしたが、ここ数年、WordPress の注目度が高まっているように思います。

Movable Type と WordPress 、そのメリットとデメリットは?
違いを比較してみました。

----------
■共通メリット
・更新・管理が簡単。
 HTMLの知識がなくてもプラウザ上で簡単に更新・管理が可能。
 また、インターネット環境があれば外出先でも更新でき、
 Dreamweaverなどのサイト制作専用ソフトも不要。

・バージョンアップのサイクルが早い。
 また、人気があるため開発がストップする事は考えられにくい。

・知識は必要だがカスタマイズの自由度が高い。

・解説サイトやコミュニティが充実している。

■共通デメリット
・インストールやカスタマイズに専門知識が必要。
・メーカーサポートがない。
・アップデートや不具合対応などは自己責任。

----------
■Movable Type

<メリット>
・複数のブログを1つの管理画面で管理できる。
・日本語で書かれた多様なドキュメントとプラグインがある。
・静的生成されるので、ページの表示速度が速い。

<デメリット>
・再構築処理が必要。
 また、エントリー数(投稿記事数)が増えると
 再構築に時間がかかりエラーがでやすくなる。
・プラグインが一元管理されておらず、探すのに手間がかかる
 (検索機能はない)。
・動作が重い。
・商用利用にはライセンス費用が必要。

----------
■WordPress

<メリット>
・商用でもライセンス費用は不要。
・プラグインが豊富。
・再構築というステップがない。

<デメリット>
・表示時にDBからデータを取得し動的にページを表示するため、
 表示速度が遅い。
・規模が大きなサイトになるほどページやブログ記事の管理が煩雑になる。
・英語でのドキュメントが多い。
・複数ブログを運営する際は、ブログの数だけインストールが必要。

----------


どちらが良いか?の結論としては、
大規模なサイトとして利用する際や、複数ブログを運営するには Movable Type、小規模サイトや、単独のブログ利用のみなら WordPress といったところでしょうか。

サポタントでは、WordPressサイト構築サービスも行っておりますので、
導入をご検討の際は、ご利用くださいませ。
≫WordPressサイト構築サービス
※Movable Typeでのサイト構築についてもお気軽にお問い合わせください。


[参考記事]
http://ietomi.is-blog.net/2010/08/movabletype_and_wordpress_as_cms/
http://sanride.com/blog/webdesign/movabletypewordpress-1.php
http://blog.tanarky.com/2010/02/wordpress-movable-type.html
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/11/05/9092

2010/12/11 野崎

前の記事
1本5万円で「Yahoo!ニュース」に掲載できる?!
次の記事
Yahoo!リスティング広告の12月1日からの規制