デザイン+αコラム
Filemalerの検索機能を活用する
2009/10/28

大切なマーケティングデータもつまったデータベース。

 履歴の記録になるか、
 今後に活かせるか、

うまくデータを検索・抽出できるかどうか にもかかっているかもしれません。


今回は、知っていると便利な
Filemakerでの検索について、少しまとめます。


■or 検索をしたい!(複数条件のどれかを満たすものを検索したい)

   検索条件を複数設定できます。


   webtant_user_35_1256709144.jpg
   検索モードで [ 検索条件 ] ⇒ [ 新規検索条件 ]

     ↓

   webtant_user_35_1256709022.jpg
   検索条件が増えます。

■記号の活用

   検索モードにすると、左に表示される「記号」の右矢印をクリックすると
   いろいろな記号が出てきます。

   webtant_user_35_1256709210.jpg


   指定の値より小さい数値のものなども検索できますが、
   なかでも、テキストデータの検索においても便利な記号を
   2つご紹介します。


   1)「=」(完全一致)のみを入れると、
     そのフィールドが空欄のデータが検索できます。

   2)「*」(任意の文字列)を入れると、
     そのフィールドに何かしらデータが入力されているものが
     検索できます。

■特定の条件のものは検索結果に出したくない

   検索モードにすると、左に表示される「除外」にチェックを入れると
   特定の条件を除外できます。

   webtant_user_35_1256709265.jpg


   *複数条件で検索する場合は、
    除外する条件を最後にもってきてくださいね。


2009/10/28 平岡